エジソン 発明 電球
エジソンという人物

エジソンの生い立ちを語る

世のお母さんたちにとって、子供が「エジソンのように偉い人」に
育って欲しいというのは共通の願いであると言えます。
「偉い人にならなくてもいいから、立派な人間になって欲しい」と思うお母さんもいるかもしれません。そんなお母さん方にとって、エジソンの生い立ちを知ることは子育ての上で大事なことを学ぶことであると言えます。

エジソンの生い立ち

発明王トーマス・アルバ・エジソンは、1847年2月11日にオハイオ州ミランで製材所の経営者である父サミュエル・オグデン・エジソンと、元教師である母ナンシー・エリオット・エジソンの七番目の子供として生まれました。
エジソンが七歳のときに一家はミシガン州ポートヒューロンに移り住みます。

エジソン、学校を追い出される

エジソンの伝記などで有名なのが、小学校を退学させられたことです。一説にはエジソンはLD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)などを患っていたといわれています。
「1+1=2」を教師が粘土を例にとって教えていたら、エジソンが「1個の粘土と1個の粘土を合わせても(混ざって)1個の粘土になるだけなのになぜ2個になるのか」と聞いて、教師がエジソンを「腐れ脳ミソ」と罵倒したというエピソードが存在しています。
また、エジソンの知りたがりは学校内だけでなく、家でも発揮されています。「なぜ物は燃えるのか」を知りたくて、藁を燃やしていたら納屋に延焼してしまったのです。
これらの事例が積み重なったことで、エジソンは学校からも父サミュエルからも見放され、入学からわずか三ヶ月で放校処分を受けてしまったのです。

 

エジソン、母から学ぶ

そんなエジソンの味方になったのが、母ナンシーです。元教師として学校の対応に不満を持ち、徹底的に抵抗したのです。
学校側は「そんなにエジソンを庇うならお母さんが教えたらよろしい」と言ったのに対し、ナンシーは「そうですね、もうお宅の学校にトーマスを通わせる必要なんてございません」とばかりに、エジソンの教師役を務めることを決めたのでした。
父サミュエルは以前の小火騒ぎでトーマスを半ば見放していたので、トーマスはナンシーによる教育を受けることとなったのです。母ナンシーの授業は、エジソンが理解するまで徹底的に教えることの出来る個人授業であったので、知りたがりのトーマスにとってはとても納得のいくものであったようです。
ナンシーが持ちうる全ての知識は、余す所なくトーマスの知的好奇心を満たし、発明王エジソンとしての基盤を固めていったのです。

 

エジソン、科学に目覚める

エジソンは、自分が抱いていた疑問や好奇心が科学の根本であることに母ナンシーの教育で気付かされます。
ナンシーも、エジソンの科学への好奇心を満たすための援助は惜しみませんでした。家の地下室をエジソン専用の実験室として与え、薬品類を買い与えたのです。
エジソンは、母が教えられない専門的な知識は図書館の本から学び様々な実験を繰り返していきます。こうして、エジソンは発明家として必要な知識や習慣を少年期に身に付けていったのです。
エジソンが後に「母が私の最大の理解者であった。母が居なければ私は発明家になっていなかっただろう」と語るほど、ナンシーはエジソンへの愛情を惜しみなく注いでいったのです。

 

エジソン、社会に出る

エジソンが、働くようになったのは12歳の時だといわれています。エジソンは、家計を支えるためではなく社会を知るために働きだしたのです。エジソンが就いたのは列車での新聞の売り子の仕事でした。働き始めたエジソンは、列車内に実験室を作り暇な時に実験をしたり社内新聞を発行したりと、時間の有効活用を行っていたのですがそこにはいくつかの失敗も存在しています。
列車に乗り遅れたため、同僚に耳を引っ張り上げてもらい乗り込んだことで耳を悪くしたとか、実験室で火事を起こし追い出されたとか、新聞で取り上げた人物に川へ突き落とされたといった様々な失敗を経験しているのです。これらの失敗がエジソンの執拗なまでの成功への挑戦心が養われたと見ることが出来ます。

 
トップへ戻る

青年時代のエジソン

少年期のエジソンは、失敗を積み重ねながらも母の愛情と言う庇護の下で自分の才能を開花させていきました。青年期に差し掛かったエジソンは、一体どのような経験をつみ発明家としての道を歩んでいったのでしょうか?

青年エジソン、電信技師へ

エジソンの少年時代はまだ、電話も無線も発明されていなかったので通信手段として電信が活躍していました。
電信は、電線を使って長距離間の通信をモールス信号で行う通信手段で、当時の花形職業の一つだったのです。
エジソンが15歳の時、出入りしていたマウント・クレメンズ駅で偶然列車に轢かれそうになっていた子供を間一髪で助けたことをきっかけに、エジソンは電信技師としての道を歩き出すことになります。エジソンが助けたのは、マウント・クレメンズ駅の駅長の子供だったのです。この事件で駅長と親しくなったエジソンは、駅長から電信技術を学ぶ機会を得られたのです。
エジソンは三ヶ月ほどで電信技術を学び、電信技師としてのキャリアを積むことになるのです。

 

エジソン、最初の発明

エジソンは、電信技師としてアメリカやカナダの各地で働いていくことになります。この頃の電信技師は、引っ張りだこだったので16歳前後のエジソンでもかなりの収入を得られていたようです。
そんな中、エジソンは夜勤のある仕事を振り分けられることになります。この頃のエジソンは、やや寝坊癖があったようで夜勤のように長時間眠ることの出来ない仕事に辟易していたようです。
そこで、自分の代わりに起きていることを電信で証明するための装置を作り出したのです。これが、エジソンの生涯における最初の発明となったのです。この装置をセットしておけば、自分が寝ていても通信相手である上司にはわからないという仕組みだったのです。この装置で惰眠を思うさま貪れるようになったエジソンでしたが、世の中そう上手くはいきません。夜勤中の居眠りも度々であったエジソンが、突然打って変わって正確に通信してくるようになれば、その様子を確かめたくなるのが心理です。上司がエジソンの様子を見に行くと、エジソンが机に突っ伏して大イビキを掻く横で機会が電信装置に接続されていたのですからさあ大変。エジソンはその会社からクビにされてしまったのでした。

 

エジソン、発明家への転身

会社を追い出されたものの、エジソンは電信技師として働き続けました。この当時、エジソンは最新の科学知識を、電信技師としての収入を注ぎ込んで独学で学び続けていました。
この科学知識によってエジソンは着実にキャリアアップを果たしていたのです。もちろん、電信技師としても腕を磨き電信コンテストで優勝するほどに熟練しています。エジソンは21歳の時に、最初に特許を取得した「電気投票記録機」を発明しています。
この電気投票記録機は議会運営のスピードアップを狙ったものでしたが、議会には採用されることなく終わりました。そして、株式市場に関わる会社に勤めていた22歳の時に、株式相場表示機「ティッカー」を発明します。このティッカーが、エジソンの発明人生の中で最初の成功作となったのです。翌年にはこのティッカーの特許は売却されることになるのですが、「5000ドル程度だろう」と思っていたエジソンの思惑とは裏腹に、4万ドルという高額で買い取られることになったのです。この売却益を元にして、エジソンは研究所と工場をニュージャージー州ニューアークのメンローパークに設立します。これが、発明王エジソンの最初の一歩となったのです。

 
トップへ戻る
LALAGAMES8-紲罔
膃筝蕁 1 2 3 4 5 6 7 筝筝蕁 絨冗ゝ
lalagames8紲罔,。亥羮渇