エジソン 発明 電球
エジソンが生きた時代

エジソンが歩んだ時代を探る

エジソンの生き抜いた時代とは、いったいどのような時代だった
のでしょうか?エジソンは、1847年から1931年までの約一世紀近い
年月を駆け抜けた偉人です。この時代は、全てが変化する大転換期である
と言われ歴史の授業でも力を入れている時代でもあります。

エジソンが生きた時代

エジソンが生きた時代は、新しい変革が求められた時代であったといえます。
エジソンの生まれた1847年と前後して起きていた、「第二次産業革命」は主要エネルギー源を従来の石炭から石油へと変化させた変革です。
この変化によって、現代にその名を残す巨大石油メジャー・ロックフェラーを生み出しました。つまり、この時代の流れに乗ることが出来れば誰もが巨万の富を得られるという、産業的ゴールドラッシュが発生していたのです。

政府システム変革の時代

また、この時代は経済社会だけでなく政府などの社会的システムそのものが大きく変革を迎えた時代でもあります。
たとえば、アメリカではエイブラハム・リンカーン大統領による黒人奴隷解放宣言が出され、日本では長年にわたる鎖国が破られ幕末へと加速的に進行していた時代です。
フランスでも普仏戦争が起こり、ナポレオン三世が失脚するなど時代そのものが大きな変化を求めていたのです。

 

エジソンが時代の中で果たした役割

エジソンがもし、現代に生まれていたら「発明王」の呼び名で呼ばれることは無かったでしょう。
それほどまでに、エジソンが1900年代までに果たした役割は大きいものであり、あの時代の求めに応じたものだったのです。
エジソンは学校に通っていなかったというのは有名な話ですが、エジソンは自分の子供にも学校教育を受けさせなかったと言われています。これは現代の感覚でいえば児童虐待に当たる行為であるといえます。エジソンは、あの時代に生きたからこそ発明王になれたのです。それこそが時代の選択だったのです。

 
トップへ戻る

エジソンが歴史の中で果たした役目

では、エジソンと言う人物は歴史の中でどのような役目を果たしてきたのでしょうか?

電気産業の企業化

エジソンの功績のなかでもっとも大きいといえるのが、電気をビジネスにしたことでしょう。エジソンの発明品の数々は、エジソン以外の発明家も着手していたことから、必ずしもエジソンが発明しなくて良かったものであるとも言えます。
しかし、それらの発明品を経済的に成立させ、市場に流通させるためにはエジソンの手腕が必要であったと言えます。
しかしエジソンの手腕は、終生の親友となったフォードから「経営者としては才能がない」と言われているように、敏腕とはいえないものだったようです。ゼネラル・エレクトリック社からは直流方式への傾倒が原因で追い出され、資産を投じた鉱山はもっと有望な鉱脈が見つかったことで破綻と言うように、先を見通しきれていない面が多々あります。しかし、自分の発明を武器に会社を立ち上げる挑戦心やシェアを独占しようとする貪欲な策略などの面で、先陣を切るチャレンジャーとしてはなかなか得がたい才能を持っていたのです。

 

発明の地位向上

世界で最初に特許法が作られたのは1474年のイタリアにおいてと伝えられています。
エジソンの生まれる400年ほど前のルネサンス期のことなので、世界で特許という概念が確立してからまだ500年ちょっとしか経っていないのです。そんな歴史に対して存在感の薄かった発明や特許の存在を、エジソンはクローズアップさせてきたのです。
エジソンは、たとえ独学であっても「積み上げた知識や技術は、発明にすれば富を作り出せること」を万人に知らしめたのです。

 

コマーシャリズムの有効性の提示

発明家というものは、宣伝能力にも長けていないと損をする職業であると言えます。宣伝能力に長けた発明家といわれて考え付くのが、日本の平賀源内です。源内は「土用の丑の日にはうなぎを食べよう」と言った商品をプロデュースする技能に長けていたことが知られています。実はエジソンもまた、宣伝能力に長けていたと言われています。白熱電球の発明の際には、マスコミを集めて「電球の発明に成功した」と宣伝して背水の陣を敷き研究に取り組んだと言われています。また、トースターを発明したエジソンは人々の食習慣を変えることでトースターを使用する機会を増やすことを思いつき、「一日二食では不健康である。人は一日三食食べなければならない」と宣伝し、食習慣を変えることに成功したのです。エジソンは、発明においては事の善悪を抜きにしても宣伝を活用することが重要であることを知らしめた人物であると言えるのです。

 
トップへ戻る
LALAGAMES8-紲罔
膃筝蕁 1 2 3 4 5 6 7 筝筝蕁 絨冗ゝ
lalagames8紲罔,。亥羮渇